熱膨張制御合金

Invar (インバー)・Kovar (コバール)

®️

®️

航空機用複合材の金型などに用いられるインバーや電子・真空部品のハーメチックシールなどに用いられるコバールは、その熱膨張率の低さからアプリケーションがさらに広がっています。

小ロットで入手困難なインバーやコバールの棒材、板材、シートなどをお客様の用途に合わせた寸法、数量でご提供いたします。

弊社の提携先が英国に持つ在庫から、殆どの場合ご注文から1週間以内で国内納入いたします。

Invar

®️

(Alloy 36)

Invar(Alloy 36)は、約-100℃から200℃までの温度での熱膨張率炭素鋼の膨張率の約10分の1に近くほぼ「0」の値を示すニッケル36%の鉄合金です。
また、Invarは、極低温でも優れた強度と靭性を保持し、様々な低温用途に適しています。
熱膨張係数 20-100℃  10-6/℃

用途/実績例 
高真空、超高真空、石油、ガス、航空宇宙&防衛、エレクトロニクス、マイクロエレクトロニクスモータースポーツ、自動車...

Kovar

®️

DilverP1

Kovar(DilverP1)ASTM F15、UNS K94610は、ニッケル29%、コバルト17%、残りが鉄のニッケル鉄合金で、熱膨張制御合金の一種です。


熱膨張係数 30-400℃  4.6-5.2
      30-450℃  5.1-5.5
      30-500℃  6.2
      30-600℃  7.9
      30-700℃  9.3
      30-800℃  10.4

      30-900℃  11.5

 

用途/実績例    
パワーチューブ、マイクロ波管、トランジスタ、ダイオード、ハイブリッド回路、ケーシング、オプトエレクトロニクス部品、ベース、ハーメチックフィールドスルー

※ Invar(インバー)は、Imphy Alloys Inc.の登録商標です。

※ Kovar(コバール)は、Carpenter Technology Corporationの登録商標です。

2016 Aamilia Japan GK All Rights Reserved.